David Lee Roth ” Crazy From The Heat ” ep

毎日暑い日がつづきますねー。夏本番、この季節に聴きたいレコードを一枚。
デイヴィッド・リー・ロスが、1985年にリリースした4曲入りの12”EP。
すでにジャケからして夏全開フルスロットル。Edgar Winter “Easy Street”のカバーからはじまりLovin’Spoonful “Coconut Grove”で終わるこのミニアルバムは、すべてカバーソング。
デイヴィッド・リー・ロスはこのミニアルバムの成功でヴァンヘイレンを脱退しますが、彼が在籍時代のヴァンヘイレンは1st収録の”You Really Got Me”や”Ice Cream Man”(どシブ!)を筆頭にカバー曲も多くとりいれてました。これはまさに、ジャンルにとらわれず良き時代の音楽をこよなく愛してきたデイブのなせる技。ハードロックの枠に収まらないデイブ在籍時のヴァンヘイレンファンが多いのもうなずけます(僕もそのひとり)。このアルバムには他にThe Beach Boys “California Girls”カバー、僕個人的に大好きでいまもDJでかけるLouis Prima “Just a gigolo”カバーを収録。最高です!




Back To Back

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください