Water Melon Group “Cool Music“ lp

五山送り火も終わり、いよいよ夏も終わりかな…という割には暑い、暑すぎる。クールな音楽が聞きたいという事でこの一枚。Plastics解散後に、Melonとして活動を始めた中西俊夫さん、佐藤チカさんがメロンと平行して活動を行っていたエキゾチック・ミュージック路線のバンドWater Melon Groupのデビューlp。Les Baxter, Martin Denny等が50年代に作り上げた架空のパラダイス・ミュージックを、New Wave感覚と80年代のテクノロジーを交えつつクールに仕上げた極上盤。Hoagy Carmichael「Hong Kong Blues」Jonathan Richman「Egyptian Reggae」、スティール・パンでメンバーに加わっているヤン富田さんが70年代にやっていた幻のバンドTiny Exotica Boysのレパートリー「The Gate Of Japonesia」等、レパートリーの選び方までセンス最高。サンプリング・キーボードのEmulatorをフィーチャーしたり、デジタル・リバーブの気持ちよさを最大限にひき出していたりと、デジタル楽器のクールさを音楽性の内側まで浸透させているのがスゴイ。写真は伊島薫さん、デザインはミック板谷さん、つまりカセット・マガジン「TRA」の人達。帯のキャッチ・コピーは、「アーバン・ジャングルにこだまするレプリカント・ミュージック。」

「Jungle Flower」は、マーチン・デニーのモノラル・バージョンでどうぞ

Hills and Stairs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください