Linda Cohen “Leda” lp

まるで中世の世界に迷い込んだような、薄明るい日差しが窓から差し込む内省的なギター・インスト・アルバム。フィラデルフィアの女性ギタリスト、リンダ・コーエン、71年のファースト。とにかく素晴らしいのは、ギター(ガット中心、エレキも一曲あり、これがほとんど「cherry red」の世界)の演奏に有機的に付け加えられたささやかな音量の電子音やエフェクト。これをやっているのが、60sサイケの大物Mandrake Memorialのメンバーで、80年代にはE-mu社のブレインとしてSP-12等を設計した音楽家・電子楽器設計者のCraig Anderton。彼の自作のモジュレーターをはじめ、テルミン、ノイズ・ジェネレーター、テープ・コーラジュ、電子チェレスタ、オルガン等々がまるで妖精のようにギターの回りを飛び回っています。どこか、この世離れしたレコードが多いいPoppyレーベルから。ジャケットはI love(ハート・マーク) N.Yのロゴでよく知られるMilton Glaser。

短いですが、非常に貴重な映像。

Hills and Stairs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください