Feist / Let It Die

「Feist / LET IT DIE」 EMI

Kings of Convenience の新譜にも参加していた、カナダ出身の女性SSWのデビュー盤。
スウィングでフォーキーでシンプルでゴージャス。サウンド・プロダクションもとても緻密。
Ron Sexsmith のカバーや、オリジナル曲の楽曲のクオリティ以前に何よりも声が最高に素敵です。
EPに収録されているデモバージョンは、既に伝説のシンガーの遺作のようなオーラが漂っていました。

※ 2004/07/06 の過去ログ分を一部編集して掲載しています。

FLAMIN' 編集部

webmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください