「Adriana Calcanhotto / Mare」

「Adriana Calcanhotto / Mare」 sony

adriana女カエターノ”の異名を持つブラジルの個性派シンガー・ソングライター “Adriana Calcanhotto” の新譜。昨年の来日公演もサポートしたモレーノ・ヴェローゾ、カシン、ドメニコやロス・エルマーノスら新世代派も参加した今作のプロデュースは Arto Lindsay 。
難解なイメージで語られることが多い彼女ですが、実際はどのアルバムも割とシンプルなアレンジに感じます。今作もガットと声をメインに構成され、しっかりとした歌を堪能できます。
“Adriana Partimpim”名義の’04年作、’02年作の”Cantada”も強くオススメ致します。

※ 2008/9/9 の過去ログ分を一部編集して掲載しています。

logos マイスペース

FLAMIN' 編集部

webmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください