Tigana Santana “ The Invention Of Colour “ Lp

” アフロ・ブラジルのニック・ドレイク “と称されるブラジル/ バイーア出身のSSW、Tigana Santana の2nd アルバム「The Invention Of Colour」。
オリジナル・リリースは’13年、日本盤は’14年4月のリリース。
弦の配列を変え5本弦にしたガット・ギター(ドラム・ギターとクレジットされています)とパーカッションをベースに、最小限のアンサンブルで構成されたサウンド。(数曲ゲスト・ボーカルも参加)
ニック・ドレイクの静寂、Naná Vasconcelos を想起させる内省的な中に覗く野生・自然観..。Terry Callier ぽい雰囲気も感じました。
久しぶりにずっと聴きそうな音楽に出会ったような1枚。


■ facebookページもで情報を更新しています。
>> http://www.facebook.com/flmn.tokyo

FLAMIN' 編集部

webmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください