Today’s Song ” Latin Playboys ‎/ Latin Playboys ” Lp

今日の気分で編集部内BGMは” Latin Playboys ‎/ Latin Playboys ” (1994)。
プロデュース・チーム、Mitchell Froom、Tchad Blakeとlos lobosのメンバーによるユニット、Latin Playboys の1st。
所在不明のアンビエンスとSE等のコラージュ効果、不気味で映像的なアヴァン・エスノ・テイスト。大人の録音遊戯的なプリ・音響アルバム。
当時、知人のレコーディング・エンジニアが聴いていたのを真似て自分も聴いてみたのを覚えています。
まだ若かったので los lobos なんておっさんがやってるものを聴くなんて、なんかでダサくない?という姿勢で聴いていました。当然、内容もさっぱり分からず..。数年後に Ron Sexsmith や Finn Brothers の音を作っていたのがこの人達だと知り、反省するように Mitchell & Tchad のチームの手掛けたアルバムを片っ端から聴きました。もうそれは半分勉強的な聴き方でしたが、中でもLatin Playboysは一番聴いたアルバムのひとつ。たまに聴くと今でもフレッシュ。
これを聴いた後には、もっと解放感のある(良い意味でどこか所ジョージ的なちょっといい加減な雰囲気の)Tommy Guerrero につなげています。
Latin Playboysは’99年に2ndもリリースされています。

M:2

M:9

M:10

M:14

■ facebookページもで情報を更新しています。
>> http://www.facebook.com/flmn.tokyo


FLAMIN' 編集部

webmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください