Ernie Coleman Trio “Be Gentle Please“ lp

秋のいい天気が続いてます。今日は、ゆっくりとしたいお昼時などに、かなりの頻度でターンテーブルにのるこの一枚を。アーニー・コールマン・トリオという、ラス・ベガス等のホテルのロービーやラウンジで演奏していた軽音楽トリオ。ハモンド・オルガンと、テナー・サックス(とフルート)、ドラムの3人で、輪郭のほとんどないぼんやりとしたサウンドで、スタンダードを演奏。まあ、聞いていただければわかるんですが、ブレンドされたハモンドとテナーのサウンドが、どちらの音とも分からないような絶妙な混ざり具合。いわば、お互いの個性を打ち消してしまっているともいえるサウンドなんですが、このことによって新しいモワモワ・ワクワク感を彼らはねらっているのですね~。これも1日2日で作り上げられたサウンドではなく、なんと15年も一緒に演奏してきたという試行錯誤の賜物だとか。ハモンド・オルガンの人は、このサウンドを出すために、他人のハモンドは絶対に使わないそうです。

April in Paris

You Call It Madness

ワーナー・レコードの定番テンプレートによる裏ジャケ。

おつかれさまでした~。良い1日をお過ごし下さい。

Hills and Stairs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください