Masahiko Sato ”Kayoubi No Onna” lp

この間のBACK TO BACKさんの岩崎 宏美“Fantasy”の投稿に、火サスの言及がありましたが、それで思い出した今日の一枚。その火サスの元となったといわれている1969年から70年代にかけて放映していた、ミステリー/サスペンス・ドラマ「火曜日の女」。一時間枠で6回の放送で完結するように出来ていたドラマで、浜三枝、団玲子、加賀まりこ、酒井和歌子等が、夫々ヒロインをつとめていた番組。ボクはこの時代、カリキュラ・マシーン等を見ていたのでもちろん記憶がないですが、本当にこれは見てみたい。70年代のあの独特な暗ーい映像を、やっぱブラウン管で。音楽はジャズ・ピアニストの佐藤允彦さんで、バンドには石川晶、荒川康男、稲葉国光、杉本喜代志、後藤芳子さん等が参加。説明不要の大ベテランですね。そして、なんと9話分のテーマ・ソングが収録されているのがこのアルバム。贅沢!!!!。これは団玲子さんが主演した「耳飾」という回のテーマ・ソング。先日あげたNeal Heftiもそうでしたが、ハープシコード、ビブラフォン、ストリングズという組み合わせが本当にいい。この音楽だけでテレビに釘付け。

見開きジャケットの内側はこんな感じ

Hills and Stairs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください